読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失恋から立ち直る方法

失恋した時に読んで元気になれた記事をのせてます。少しでも前向きな気持ちになれば幸いです、、、

失恋ショックから立ち直る方法

f:id:sakurai_mari:20170119194850j:plain

付き合っていた人と別れる。

 

男性でも女性でもこの辛さは同じ。

 

今はもう何も手につかないし、何もしたくない。

 

付き合っていた期間が長い時、

結婚を考えて真剣に交際をしていた時、

同棲していた時、

こんな時は尚更、ツライ気持ちが募ると思います。

 

私も失恋したばかりの時は放心状態でした。

 

理由はどうであれ、どれだけ好きでも恋人とはもう一緒には入られない、、

 

この事実を受け入れるために時間がかかってしまいますよね。

 

わかっているけど、どうしようもない。

 

けれど、

苦しい気持ちを少しでも軽くしたい。

 

そんな時に、気持ちが楽になる言葉、方向をまとめてみました。

 

 

失恋から立ち直る方法

 

 

1.  とにかく泣く、自分の気持ちを全て吐き出す 

 

失恋した1.2日目は、また放心状態から立ち直れない事も。

 

特に相手が突然音信不通になった場合や、浮気が判明した時などは、

急に降り掛かってきた事態に戸惑い、状況を把握するまでに時間がかかってしまうかもしれません。

 

しかし、この時期は自分の気持ちを吐き出す事が大事です。

 

最初は、うまく理解できず涙もでないかもしれません。

 

しかし、フッとしたタイミングで自分の中の糸が切れ感情を吐き出す事ができるようになります。

 

一度、吐き出す事で少し冷静に考えれるようになるので、

これは立ち直るためにも大切な作業だと思います。

 

友達に相談を打ち明けた時なのか、

 

1人で思い出に浸っている時なのか、

 

人によって違うと思いますが

とにかく落ち込みきることが大切。

 

どん底まで落ちれば、後は上がるだけです。

思いっきり悲しみや、苛立ち、ストレスを吐き出しましょう。

 

大人になると子供の時とは違い

人目やプライドが邪魔して、感情を思いっきり吐き出す事が少なくなります。

 

しかし、大失恋した時位は自暴自棄になる位落ち込んだっていいと思います。

 

凄く好きだったからここまで落ち込むのだから、

めい一杯自分の恋愛感情や悲しい気持ちと向き合ってあげましょう。

 

 

2.  自分を責めすぎない事

 

別れたた理由がなんでれ、ショックが大きすぎると、

 

どうしてこうなったんだろ? 

 

もっとこうしていればこんな結末にならずにすんだかも、、

 

なんて自分を責める気持ちが生まれきます。

 

しかし、付き合ってた以上どんな別れだとしても自分だけが至らなかったなんて事はありえません。

 

別れる事になったと言うことは、彼や彼女とは考え方や価値観、常識、性格、感覚などのフィーリング、

少なからず、お互い気持ちが合わない部分があったのでしょう。

 

もっとこうしていれば!

 

なんて過去に浸らないで、自分自身が本当に心から直したい欠点なら、

次の恋愛では同じ過ちを起こさないように気をつければいいだけです。

 

ツライ時は自分を責めすぎないであげて、

今大切なのは自分を元気にしてあげることです。

 

 

3. 相手の嫌いな所リストを作る

 

紙とペンを用意して、相手の嫌いなところリストを作ります。

 

どんな好きだった彼や彼女でも嫌いな所、許せない行動などがあるはず。

 

別れたばかりは美化しがちですが、

しっかり思い出して腹たつ事などを書き込みましょう。

 

    〇〇の嫌いな所

 

・人間的に許せない所がある

・だらしない

・怒ると手に負えない

・人を見下すくせに自分の事は棚に上げる

・ナルシスト

・結局自分が1番大事

・浮気する

・ギャンブルや飲み屋通い、タバコをやめられない

・常識が無い

・世間体が1番

・プライドが高い

・連絡がこない、しつこい

・SEXが下手

・足が臭い

 

 など、思いつく限り書き込みましょう!

 

私は、もし復縁しても〇〇が原因でまたケンカする事になる。

○○のこう言う所がやっぱり許せない。

などかなり具体的に書いていました。

 

人は悪い事を忘れて思い出を美化しすぎてまう事があります。 

 

よく思い出せば相手の嫌な所も少しはあったはず。

 

このリストを元カレと別れた時、すぐ見れるように携帯のメモ帳に箇条書きにしてました。思い出した時に見る事でかなり役立ちました。

 

会いたくなったら、このリストを見て気持ちをフラットに戻しましょう。

 

 

4. なるべく相手との接触を避ける

 

別れた後、彼や彼女を思い出して寂しくなり電話してしまう。

 

会いたい気持ちを我慢出来ない。

 

学校や職場が一緒、と言う理由で顔を合わせるのを避けられないことも。

 

そんな時は先程作ったリストを良く読み返しましょう。

 

寂しさに耐えられず元カレ・元カノに電話してしまうなんて事は良くありがちです。

 

もし、電話やメールをして会う事になっても、

今のままでは上手くいかず別れたのだから現状のままでは、いい方向に行くことは少ないと思います。

 

そして、一度会ってしまったら、

またツライ時期をもう一度やり直さなければならなくなります。

 

自分が何も変わっていなければ状況も変化しません。

 

電話するなら、自分磨きを終えてからにしてみては?

 

綺麗・かっこ良くになって、相手を見返してあげましょう!

 

そして、それが叶った頃にはもう相手の事が眼中に無くなっているかもしれませんよ。

 

元カレ・カノに電話をかける前に、

リストを見直す!

または友達や家族に電話するなどして一旦気持ちを落ち着かしましょう。

 

 5.  何か没頭できるものを見つける

 

少しショック状態が落ち着いてきたら、何かに没頭しましょう。

 

最初は彼、彼女がいなければ、なんにもしたくない。 

 

今は何も手につかない。

 

なんて思うかもしれませんが、

彼や彼女に出会う前からあなたはしっかりと生きていたはず。

 

例え何年も長い時間を一緒に過ごして趣味を共有していたとしても、

あなたの好きなものを全て取られてしまった訳ではありません。

 

元々趣味がある人は、それに集中してみる。 

 

読書、ヨガ、テニス、ウォーキング、ゴルフ、登山、旅行など、

 

特に体を動かすとストレッチだけでもかなり気分がスッキリします。

一人旅に出てみるのも素敵ですね。

 

趣味がない人は小さい頃好きだった事リストを作ってみると、

意外に自分の興味があるものが見つかるかもしれません。

 

仕事のスキルアップを図ったり、思い切って留学してみるのもいいですね。

 

何かに没頭すると、その間は相手の事を忘れる事ができます。

 

夢中になって、そのうち相手の事なんてどうでも良くなるかもしれませんよ。

 

 6. 環境を変える

 

悲しみのループからどうしても抜け出せない時は、

環境を変えることが1番です。

 

もし、失恋して長い期間が立っても相手の事を忘れられない時は、

思いきり環境を変えてみることも考えて見て下さい。

 

今住んでいる部屋に相手が来ていた、

同棲していた時などは、

部屋にいるだけでどうしても相手の事を思い出してしまいます。

 

思い切って引っ越しをしてみるのはどうですか?

 

違う街、地域に引っ越すだけであなたの生活環境は大きく変化します。

 

引っ越しとなると少し大変かもしれませんが、

本当に忘れられないなら環境を変えるしかありません。

 

留学してみたり、住む場所を変える事は、

早く未練を断ち切るにはかなり効果的な方法だと思いますよ。

 

7. 「運命の相手とは必ず結ばれる」

 

今回縁がなかったのなら、

その人はもしかするとあなたの「運命の人」ではなかったのかもしれません。

 

し、本当に「運命の人」なら今別れてもまたどかのタイミングで出会うはず。

  

大切な人とはきちんと結ばれるようになっているのです。

 

「運命なら必ず結ばれる」

 

「運命なら今無理しなくてもなるようになる」

 

人生は1番必要な時に、必要な人と出会えるようになっています。

 

私はこの言葉でかなり救われました。 

 

もし、彼が運命の人ならまた出会う事が出来ると思うと、少し諦めがついたのかもしれません。

 

今回の別れは、もしかしたら本当の運命の人に出会うチャンスなのかも。

 

この先、もっと素敵な人と出会うためには、自分の中にスペースを確保しておく必要があります。

 

せっかくのあなたが「運命の人」に出会っても、

あなたが元カレ、カノに夢中で気づかないなんてとってももったいないです。

 

本当に幸せになるためには、必要の無いものは捨てなければなりません。

 

今は寂しいかもしれませんが、

少しづつでも気持ちを整理して、

自分が幸せになるための準備をはじめましょう。

 

大丈夫、神様は乗り越えれる試練しかあたえません。

これを読んでここまで重傷じゃわ!って人はもう大丈夫。

もっと深刻真っ最中!って人も必ず時間が解決してくれるはずです。

 

 

それまで、貴方が少しでも毎日を楽しく過ごせますように。