読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失恋から立ち直る方法

失恋した時に読んで元気になれた記事をのせてます。少しでも前向きな気持ちになれば幸いです、、、

依存から自立へ 失恋に効く「ココ・シャネル99の言葉」

f:id:sakurai_mari:20170128225209p:plain

 

今からわたしが言う事を覚えておいて。

いつか、あなたが悲しみに沈んだ時。

自分はひとりぼっちだと感じる時。

すべてを失ったと思う時。

すぐに相談できる友人を一人もつこと。

あとは仕事よ。

               ココ・シャネル

 

 

この本を読んだとき涙が出そうになりました。

女だって長く生きてれば、それはそれは色々あります。

自信喪失で一歩も動けない日も、

自分の積み重ねてきた日々がとても無意味なもの感じる時も、

暗闇に閉じ込められたような出口の見えない問題にぶち当たる時だってあります。

 

しかし最近、落ち込むこそ大切だなと実感しております。

傷つくってことは自分にとって意味があることだから。

 

絶望的に落ち込んだ時、

どうしても早く復活する方法ばかり考えてしまいますが、

大事なのは一度どん底、またどん底の、どん底、

どん底の更なる向こうまで落ちきる事なのかも。

特に失恋をしたときは、立ち直る為にもこれが本当に大切な作業だと思います。

 

傷口をえぐるようにして、

ボロボロに傷つきながらも問題の本質ととことん向き合うことで

自分の根底にある本心に会えるような気がします。

 

いつも隠れている真剣な自分をみつけたら

そこにはきっと大切な

自分が本当に心から求めている何かが見えるかもしれません。

 

私を見つけたら

 

後は起き上がるだけ、

 

「私は私」

 

ココ・シャネルに女性として品格を持って生きる力をおっそわけしてもらいましょう。

 

 

「さあ、何からはじめる?」

 

 

 

〜ココ・シャネルの名言〜

 

 

わたしはたくさん泣いた。

わたしは人と違っていた。

わたしはたくさんの夢を見た。

わたしは、

わたしは、

わたしはシャネル。

 

 

 

 香水をつけない女性に未来はない。

 

 

 

あの人と出会えたことは、

わたしの人生で、

最高の幸運だった。

彼を失った空洞は、今でも塞がれていない。

 

 

 

恋の終わりは、

自分から立ち去ること。

 

 

 

男がほんとうに女に贈り物をしたいと思ったら

結婚するものよ。

 

 

 

愛がなくなったのに、

一緒にいることほど惨めなことはありません。

 

 

 

男の人に小鳥の重さほど負担もかけたいと思ったことはないわ。 

 

 

 

一緒に時を過ごす男性と、

うまくいかないことほど寂しいことはない。

だから、愛が終りそうな時には、

爪先で立ち、そっと抜け出すこと。

誰かと一緒に快適にいることは

それだけで難しいものよ。

 

 

 

男とは、学校である。

学校に入るたびに、

何かを学び、

そして私は賢くなっていく。

 

 

 

絶対に一方的に愛してはいけません。

愛から自分の身を守らなければいけません。

あなたが望んだら、

男性は恋人になります。

 

 

 

失敗しなくちゃ、成功はしないものよ。

 

 

 

かけがえのない人間になりたいのなら、

人と同じ事をしてちゃダメよ。

 

 

 

お金が無ければ

男に頼るしかない。

でも、嫌な男しか、よってこなかったら、、、。

そんな人生はイヤだ。

地獄と一緒だ。

だからわたしは自分で稼ぐことにした。

 

 

 

強くなりたい?

それならば、流れに逆らって泳ぎなさい。

そして、自分の水路を見つけなさい。

 

 

 

お互いに必要としあう2人こそ、

一番大切な存在。

そんな人を見つけなさい。

そんな人になりなさい。

 

 

 

女の魅力は色々なかたちで表現できるのよ。

 

 

 

生き生きとしていれば、

それだけであなたは美しい。

生き生きとしていれば、

人はあなたに醜さを感じることはない。

まずは、フリフでもいいから、

笑顔を作り、生き生きとしてみることよ。

 

                    ココ・シャネル99の言葉から引用

                  (他何点か、ココ・シャネル名言集から引用)

 

最後に、

 

その日、ひょっとしたら、

運命の人と出会えるかもしれないじゃない。

その運命のためにも、

できるだけ可愛くあるべきだわ。

 

 

明日あなたに素敵な出会いがありますように。